3学期定期テスト注意報②×なぜ私たちは学校提出物をチェックするのか×思考停止の始皇帝

中央アカデミー

042-866-5588

〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見5-1-18
ルヴォワール富士見1F

営業時間:13:00~22:00 定休日:水・日

lv

3学期定期テスト注意報②×なぜ私たちは学校提出物をチェックするのか×思考停止の始皇帝

ブログ

2020/02/14 3学期定期テスト注意報②×なぜ私たちは学校提出物をチェックするのか×思考停止の始皇帝

2つある。

 

 

1つ、学校評価に敏感になってほしい

 通知表を上げてほしいのですから、当然です。学校の通知表評価は「総合評価」です。中央中は「通知表評価に対する定期テスト点数の割合は、6割以内にする」とはっきり述べています。だったらがんばらないと。

授業中の姿勢・提出物・小テスト・単元テスト・章末テストなどなど、多岐にわたる評価ポイントひとつひとつに敏感になってほしいのものです。

 

 

 

 

 

2つ、思考停止をふせぎたい

 せっかくの問題集が「ただの作業」になってしまっているのをよく見かけます。あーあ、ここからたくさんテストに出るのに。ゴールが「〇〇ページまでやること」になってしまう。赤色で直して終わり。なんてもったいない。このあたりの感覚を小学生の高学年あたりから養ってほしいのものなのだけど、どうやら学ばずに中学に突入してしまうらしい。間違えたところをやり直すとか、理解できないことを調べるとか聞くとか、思いつかない。

しかも、赤で直したあと、その部分を青でクルっと〇つけるという謎のルールが横行していて、思考停止状態でヤバい。見直してみて、ああなるほどそういうことなのか、という意味で青○をつけているわけじゃない。やり直した証拠でもない。ほんとに何も考えずサクサクと青○をつけていく。そう、ただ単に見た目をきれいにしているだけなんだ。

 

そんなこと学生時代にしたことない。意味がない作業だということは大人の誰が見てもわかるのに、おいおいそれ何のための青○なんだ?と聞いてみても、へ?みたいな顔して悪気がない。考える力って、こういう身近なところからだと思うんだけどなあ。でも言いすぎると不貞腐れる(場合によっては落ち込む)から言うに言えない。でもそれも仕方ない。何年も何年もそれをし続けてきたんだ。出会って間もないひとから言われた事実よりも、「よくできました。きれいだね」なんてほめられた経験のが勝るんだ。でもこれでA゜とったことあるもん!なんて思われているかもしれない。ああ、考えれば考えるほどそう思えてきた苦笑

 

あまりその部分に言及せず、ミスった問題をこちらが出題してみたり、理解を促したりして、ああ、自分がやってきたことってちょっと意味がなかったかも…?なんて思ってくれる日を信じて対応しています。

 

 

 

 

勉強の仕方がわからないとみんな言う。

でもやった問題集をみればすぐ課題はわかる。

だから、見る。

 

 

思考停止の始皇帝(しこうてい)。

思いついたただのダジャレ。深い意味なし。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

中央中・中央小・富士見小専用
学習塾中央アカデミー

【住所】
〒252-0236
神奈川県相模原市中央区富士見5-1-18
ルヴォワール冨士見1F

【電話番号】
042-866-5588

【営業時間】
13:00~22:00

【定休日】
水・日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP