身体と意識はどちらが先か【前編】

中央アカデミー

042-866-5588

〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見5-1-18
ルヴォワール富士見1F

営業時間:13:00~22:00 定休日:水・日

lv

身体と意識はどちらが先か【前編】

ブログ

2018/09/25 身体と意識はどちらが先か【前編】

数年ぶりの「卓球」を知り合いとしました。5年ぶりだ。

中→高→大と続けた卓球。高校のときにはインターハイに出場経験ありなんです、これでも。

ひょんなことから辞めた卓球を、ひょんなことから始めました。

 

やりはじめて何時間。体が自然と動き始めます。お、そうだった、そうだった、ここのスウィングのコツはこんな感じだったな。そうそう、ここはこ打つんだったな。そうやって動きながら思い出していく。思い出してから動くのではなく、動きながら思い出す。ここがポイントだ。

 

 

スポーツの世界に全力で身を投じたことがあるひとならばわかるはずですが、なにごともまずやってみないとわかりません。イメージトレーニングばかりやっても、体がイメージ通り動くことは、ほとんどない。だったらつべこべいわず「まず動いてみる」のが正しい。

 

 

特に卓球だと、とんでもないスピードで行き来するボールに対して「考えてから動く」というわけにはいかない。どう考えても身体が意識の先をいってる。なんかよくわからないけれど身体が勝手に反応するとしか言いようがない(卓球選手はみんなそうです)。左に動くとき、「左だ!」とか考えない。五輪銅メダルの水谷選手が「考えなくても身体が反応するレベルに落とし込む練習をしている」という風なことを言ってました。

 

 

すごいわかる。

身体はいつだって意識を超えるのです。

 

 

隣のひとがあくびをしたとき、あなたもなぜかあくびをしたくなります。

いくら我慢しても無理です。なぜかしたくなります。

意識は反応しなくても、身体が無意識に反応しているのです。

 

このあたりを、勉強する学生も心得ておかなくてはいけません。

 

(つづく)

 

 

追伸

全身が筋肉痛に見舞われています。イテテテテ

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■
中央中・中央小・富士見小専用
学習塾中央アカデミー

【住所】
〒252-0236
神奈川県相模原市中央区富士見5-1-18
ルヴォワール冨士見1F

【電話番号】
042-866-5588

【営業時間】
13:00~22:00

【定休日】
水・日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP