勉強は生活から×中央中単元テスト

中央アカデミー

042-866-5588

〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見5-1-18
ルヴォワール富士見1F

営業時間:13:00~22:00 定休日:水・日

lv

勉強は生活から×中央中単元テスト

ブログ

2018/09/19 勉強は生活から×中央中単元テスト

中学2年生が社会の単元テストの勉強をしてる。範囲は江戸時代の初期。
一人の生徒が、

 

 

もう、「五街道」が全部覚えられない…
「東海道」は覚えられるんだけど

え~なんで東海道だけ覚えられるの?
だってさ、東海道新幹線とかよく聞くもん。乗ったことあるし。これは楽勝。

 

 

と、そんな会話を友達としている。
東海道線は生活の中で見聞きしたことだから覚えられるのだが、そうでないものは覚えられないらしい。
でも、日光街道とかもそのままだよな…日光にいくのだもの。きみ、小学6年生のときに修学旅行でいったでしょうが。

そうつっこむと、「え~あんま興味なかったからなあ…」だそうだ。

 

 

 

理科でもこんな一幕が。

生物分野で「平行脈」を理解させたい。平行脈の葉っぱってさ、ほら、笹の葉で船とかつくって水に浮かべたことない?切れ目を入れて、間に入れ込んで船の形にするやつ。そこで「あ~あるあるあれか」となる生徒は平行脈をすぐにイメージすることができて、覚えられる。しかし「??」となる生徒もいて(結構多い!よく作ったよなあ朝登校するときとかに)、そうなるとそこで差が生まれる。

 

 

 

英語でもそう。

この教科書表現”the middle of “とあるけれど、middleってさ、例えばゴルフでショートコース・ロングコース・ミドルコースってあるでしょう?「・・・・(ぽかん)」 例をミスった。ゴルフじゃわからんか笑 「じゃあマックいくじゃん、16号線のマックよく行くだろう?ポテトフライSとMとLって何の略だ?」とか話すと、ああそうなんだ、となる。腑に落ちたみたい。だから次の機会にテストしてみると、やはりこの表現の正答率が高い。

 

 

 

 

断言します。

勉強は生活の中でするものです。

勉強って役に立たないですよねとたまに話す子に出会うが(最近減った気がする)、いや、そうでもない。

 

勉強は生活に役立つし、生活は勉強に役立つ。

 

 

つりによく行く子は魚類のエラ呼吸が腑に落ちるし、字幕で映画を観るのが好きならば英語を聞く耳がよくなるし、親と買いものにいって「20%引きっていくらになるの?」と親に問いかけられる習慣がある子は算数の割合の感覚がつくし、アウトドアでキャンプに行く家族は動植物の知識が増えるし、夏に南国にいったことがある子はそこの植生の違いを知ることができるし、冬に雪国にいったことがある子はそこの気候の違いを知ることができるし‥‥‥

 

 

学校・塾で勉強したことが、こういった体験と地続きだとわかったとき、爆発的な理解力を生みます。

 

だからいろんな体験をしてほしいなと思う限り。

しかしこればかりは親御さんの力が必要です。

どうかお願いしますね。

 

あ、習い事を増やそうと申し上げているわけではありません。

なんというか、こう、肩肘張らずとも、気負わずとも、身近なことに目を向けさせてやってほしいのです。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■
中央中・中央小・富士見小専用
学習塾中央アカデミー

【住所】
〒252-0236
神奈川県相模原市中央区富士見5-1-18
ルヴォワール冨士見1F

【電話番号】
042-866-5588

【営業時間】
13:00~22:00

【定休日】
水・日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP