成長を妨げるもっとも厄介なものとは?結×自己肯定感・自己有能感

中央アカデミー

042-866-5588

〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見5-1-18
ルヴォワール富士見1F

営業時間:13:00~22:00 定休日:水・日

lv

成長を妨げるもっとも厄介なものとは?結×自己肯定感・自己有能感

ブログ

2018/09/17 成長を妨げるもっとも厄介なものとは?結×自己肯定感・自己有能感

学習性無力感の反対は、『自己肯定感』とか『自己有能感』とか呼ばれる。

自分自身のことを自分自身が認めてあげることができ、さまざまなチャレンジをすることができる態度だ。

海外の子どもたちと比べて、日本の子どもたちは自己肯定感が低いという統計がある。神奈川県の教育委員会が定めた『かながわ教育ビジョン』にも、「自己肯定感を基盤とした人間性」が目標に掲げられている。よって当然、各学校の教育目標に登場することが多い。教育に携わる者ならば誰でも目にする用語なのだ。

 

 

自己肯定感とは「わたしはできる!」と感じることであるが、「誰かとくらべて」を基準にするとけっこう危うい。

「優越感」を育むことになりかねないからだ。優越感で成り立つ自尊感情は危うい。誰かに勝ったときだけ満足できるような精神状態は、逆に言うと誰かに負けたときには「劣等感」へと変わるからだ。

自己肯定感は「自分の成長が何よりの報酬」となるのでそこが決定的に違う。たとえ失敗しても、誰かに負けたとしても、チャレンジしたことで成長できた部分に注目できるので、つよい。そりゃ、負ければ悔しい気持ちももちろんあるでしょうけれど、くじけない。チャレンジそれ自体がおもしろい。

 

 

では、どのように苦手意識とうまく向き合っていき、自己肯定感のある子に育っていくのか。

 

 

 

①失敗を恐れず、チャレンジを促し、勇気づける存在が周りにいる

②成功したらまず、チャレンジそれ自体を褒めてくれる存在が周りにいる

③失敗しても、チャレンジそれ自体を受け入れてくれる存在が周りにいる

④また①にもどる

 

 

 

これに尽きるでしょう。つまり、まわりにいる親や先生次第だ。

 

 

学習塾なので無論私たちは結果にこだわります。そのためのお月謝です。

だから子どもたちを、結果いかんに関わらず無条件で肯定してあげられるのは、基本的に「親のみ」だと思います。どんな言葉や声がけの仕方がふさわしいか、これからもひとりひとり考えていきますね。

どうか「失敗させないように」とあれこれ心配し過ぎませんように。ときに、失敗は成長の糧になりますゆえ。

もし、あ、この子は苦手意識を感じているかもしれないと思いましたら、私たちを頼ってください。

「専門家」として、ご相談に乗らせてください。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

中央中・中央小・富士見小専用
学習塾中央アカデミー

【住所】
〒252-0236
神奈川県相模原市中央区富士見5-1-18
ルヴォワール冨士見1F

【電話番号】
042-866-5588

【営業時間】
13:00~22:00

【定休日】
水・日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP